在宅しながら海外のおしゃれな物が欲しい。それなら個人輸入という方法があります。

>

個人輸入する時のポイント

海外製品を自分用、販売用に購入する事。

個人輸入とは大まかに、個人的な目的で輸入する事と、商売目的の商品を少し輸入する事に分けられます。
個性的な商品を圧倒的に安く購入する事ができ、インターネットで手軽に購入する事ができるのでとても魅力的なお買い物といえます。
一部の商品に個人輸入する時の特別な規制があり、輸入の難しいものがありますが、日本国内で販売されているもであれば基本的には購入可能となります。
例を挙げると「ある法律により規制」されている物や、「超高額な関税」が設定されている物等です。
輸入できない商品(禁制品)は違法な薬、爆発物、偽造紙幣、他者の権利を侵害するもの、ワシントン条約に該当する製品などがあります。
ワシントン条約に該当する商品としてあげられる代表的なものはワニやダチョウ、ヘビなどの皮を使用したベルトや財布、ハンドバッグ等、クマやトラの毛皮製品、サボテンなどがあります。

輸入にかかる税金について

購入商品の金額、20万円が一つの目安となります。一度に輸入する商品の
価格を20万円以下に抑えると「簡易税率:かんいぜいりつ」を適用してもらえます。簡易税率とは関税率を7つに区分したものです。関税率はとにかく複雑。
しかし、守らなければ法に触れることになりますので注意が必要です。
ここで簡易税率について記載するとすぐに読むことをやめてしまう方も出てしまう位難しいのでご興味のある方はどうぞご自身でお調べいただけたらと思います。筆者としてはこのような複雑な雑務を専門の輸入代行業者さんにすべてお任せしてして自身のお気に入りの商品を手に入れることが一番の個人輸入早道と考えます。
輸入代行業者は言うなれば輸入のプロですから、手数料を海外渡航費と考えたら安価でしかも安全と、とてもお得だなぁと感じました。


この記事をシェアする

このページのトップへ