在宅しながら海外のおしゃれな物が欲しい。それなら個人輸入という方法があります。

>

輸入できる物、できない物

個人輸入が可能な物

日本の国内で販売されている商品であれば基本的にすべてのものが可能となります。
ただし、とても高価なブランド品等は難しくなっています。
海外旅行へ行って購入する時には空港で確認してもらえるのでそこまで難しくはありませんが、在宅で購入する際にはそれらのルールを網羅しておかないと法に触れることになってしまいますので注意が必要です。
それでも、在宅で購入する方法はあります。輸入代行業者を介して購入すると、それらのルールをすべて網羅してもらえるのでとても簡単。でも、そのためには代行手数料が別途かかりますので料金が少し高くなってしまします。
それでも、面倒な法律などをすべて代わりにチェックしてもらえるなら手間賃と考えてもよいかと筆者は考えます。

輸入代行業者を介する方法

個人輸入するためには複雑なルールがあり、とても大変。そこで英語が苦手で何を書いてあるのか正確に理解できない。話すのも苦手なのでどうしましょう。でも輸入品が欲しい。という方には輸入代行業者を介する方法がお勧めです。
輸入代行とは面倒な輸入作業を代行してくれる会社。
輸入したい商品を伝えるだけで必要な手数料を支払えば簡単に輸入できます。ですから、英語が全然できないので全部任せたい。という方などには最高です。
代行業者を介するメリットは関税などの難しいことを考えることなく完全に丸投げして買い物ができること。
デメリットは代行手数料が購入価格の約10パーセントから20パーセントかかってしまうことです。
それでも、わからない事を無理に自力でするよりかはお任せするほうがより簡単だと筆者は思います。


この記事をシェアする

このページのトップへ