在宅しながら海外のおしゃれな物が欲しい。それなら個人輸入という方法があります。

>

個人輸入をする方法

個人輸入のポイント

今までいろいろ調べてきた結果個人輸入のポイントは次の4つになりそうです。
1.20万円のこと
2.関税や消費税を支払うタイミング
3.転送業者の活用
4.国内配送をどうするか
です。
購入したけれと国内の配送はどうするの?等いろいろ難しいルールがたくさんあります。
個人輸入したときにかかる費用として考えられる物は商品代金、海外輸送費、海外保険料金、日本側通関費用、関税・消費税、国内配送料、貨物保管料などが挙げられます。
購入したけれど、それを手に入れるためにはいろいろ大変ですよね。
それをすべて代わりにしてくれるのが輸入代行業者といえます。
デメリットの代行手数料を考えても、以上の苦労を考えるとお支払いしておいたほうが簡単でよりスピーディな輸入が可能になるのではないでしょうか?

まとめ

ここまで調べてきましたが、筆者がもし個人輸入にチャレンジしてみようと思ったら、英語も苦手ですし、英語圏以外の国からの輸入もしてみたいので、代行業者を利用してみたいというのが感想です。
各国の税金事情や、日本までの輸送費、税金等とても複雑で、しかも、購入不可能な物もあるけれど知識がそこまでないし勉強する時間もない。それでも、海外先行発売の商品や自分の好みの商品を購入したい人にとっては海外旅行へ行かずともできるインターネットを介しての個人輸入は魅力的なお買い物方法といえます。
スピーディに簡単に購入しようと考えたときには輸入代行業者を利用する方法が確実ではないかと筆者は考えます。
代行手数料を払ったとしても、海外渡航費用に比べたら格安ですからね。
考え方は人それぞれですから、一から勉強して、ご自身でされる方もいらっしゃると思います。この記事がいろいろな方のお手伝いになれたらと願っています。


この記事をシェアする

このページのトップへ